販売員転職者へのアドバイス・注意点

販売員への転職を考えているなら

 アパレルショップの販売員に憧れている、という方は多いことでしょう。毎日違う服を着て、おすすめの商品を売る仕事。洋服が大好きな方なら、一度は就きたい職業のひとつではないでしょうか。そのように転職を希望している方に、実際販売員をしていた私からアドバイス・注意点を挙げさせて頂きます。

 

着用している服について

 販売員は日々コーディネートを変え、さまざまな服を着ていますね。うらやましいと思われるかもしれませんが、それは自分で購入する場合がほとんどです。そのため、毎月の洋服代の支出が多くなってしまうのです。一般の方には社員割引があるから大丈夫でしょ、と思われがち。

 

 しかしそれも大量の服が必要になるため購入額が減る訳ではありません。私は恥ずかしながら、貯金があまりできなかった経験を持っています。すなわち服が大好きで、もっとお金をかけたい!と考えている方にはうってつけの職業だと言えます。

 

ノルマについて

 販売員にはノルマが課せられていることが少なくありません。売り上げがないまま閉店、なんて日は本当に気が重いもの。比較的プレッシャーの大きい職業だと言えるでしょう。販売の勉強をする努力も忘れてはいけません。

 

人間関係について

 店員同士の関係性もプレッシャーのひとつになります。たとえば、女性服販売店なら女性しか店員がいないことも。どこの業種でも言えることですが、女性だけの仕事場は陰口や妬みがつきものです。販売のノルマもあるため、客の取り合いになる場合もあります。最近では販売環境の改善化を図る店舗も多いのですが、やはり精神力の強い方のほうが向いている職業かもしれませんね。

 

まとめ

 アパレルショップは一見華やかで、憧れの対象です。しかし上記のようなマイナス面も理解したうえで、転職をしてくださいね。